« ローンの支払い利息を下げる3つの方法!無駄に銀行にお金を送るのは... | トップページ | ローンの支払い利息を下げる3つの方法!無駄に銀行にお金を送るのは... »

2021年7月 8日 (木)

シングルプルーフ、ダブルプルーフの使い捨て生分解性ファストフード...

I.アンチパルプ成形品のないこと

これらの製品は、主に電子機器のライニング製品に使用されており、パッケージに防水・防油の特性がない場合に使用されます。

第二に、シングルパルプ成形品

一般 それは防水製品であり、防水剤の一定の割合を持つパルプで(食品グレードのステンレス鋼と工業生産グレードに分かれています)防水効果を持つことができ、マイナス18度から100度までの防水温度が異なります。

シングルプルーフの製品は、主に農業や畜産業の使い捨ての苗カップに使用され、新鮮な果物の紙パドルドラッグトレイ、肉食の紙パドルドラッグトレイなどの一部です。

3つ目は、ダブルプルーフのパルプモールド製品

biodegradable utensils

これは、パルプに一定の割合で防水・防油剤を配合することで、製品の防水・防油効果が得られることを意味しています。 防水効果はマイナス18度から100度まで、耐油効果は220度まで何度も変化し、電子レンジや電気オーブンでの焼き付けなど、全工程で二重の防水製品を適用することができます。 ダブルアンチ製品は、主に食品包装材やキッチン用品のクラスに適用されます。

4つ目は、サブフィルム製品の上。 それは、すべての修飾子に加えて、複合袋の複合プロセスに応じて成形品があることを意味し、成形品は、処理プロセスで一緒に融合し、複合袋は、強力なLashinの力を持って、複合型の製品は、より強力な断熱性と保温することができ、空気穴の排気熱の成形品に応じて温度を下げ、同時に白米、団子や他の成分の粘着性の粘着性を減らすことができ、非常に大きなレベルを減らすことができます。 撥水剤、撥油剤の塗布。

複合袋は一般的にPP、PE、PET、CPET、PBAT、PLAなどに分けられる。現段階では、一般的な複合袋は主にPLAとPBATである。PLAは新しいタイプの分解性原料であり、キャッサバのデンプンを原料とした再生可能な緑の植物資源(ブッシュライスなど)を応用して、すべての生分解性フィルムに明確に提案している。

このように技術的な理由から、現段階では我が国中国はまだ製造を行うことができず、外国、日本、フランス、台湾省の輸入の助けを借りて、価格が割高になり、制限の総数が増えています。

PBATは、PBAとPBTの特性を考慮して、ブチレンアジペートとブチレンテレフタレートを組み合わせたプレポリマーで、良好な可塑性と引張強度を有するだけでなく、良好な耐熱性と衝撃特性を有しています。

また、高品質の分解性を持ち、微生物分解性プラスチックの科学と産業への応用において最適な溶解原料の一つであり、価格もPLAよりはるかに安く、中国でも生産・製造が可能であるため、PBATは現在の成形品の段階で最も多くの用途に使用されているポリマー材料である。

オーストラリアはリタイアするのに良い国ですか? 住むのにも定住するのにも良い場所なのか?

「Land Down Under」と呼ばれるオーストラリアですが、その理由は何よりも都市化にあるのではないでしょうか。 オーストラリアの都市は非常に発展しており、シドニー、メルボルン、ブリスベンは世界で最も発展した都市のひとつです。 高層ビ...

 

マイクロ流体ナノリットルピペッティングロボットの科学的研究が活発化

マイクロ流体デバイスは、少量の液体を解決するために使用されることが多くなっています。 彼らが知らないうちに、global-to-integrated ic(world-to-chip)ソケットがないために、現在の自動機械と協調して適用するこ...

 

ビュッフェを食べていると、明らかに始まっているのに、なぜか満席になってしまう

バフェットは誰もが知っているべきものだと思いますが、これ以上ないほど身近なものです。 近年急増しているのは、食事の仕方です。 多くの人に食べてもらい、今ではほとんどの学校や会社が集まりの際にビュッフェをターゲットにしています。 しかし、安い...

 

« ローンの支払い利息を下げる3つの方法!無駄に銀行にお金を送るのは... | トップページ | ローンの支払い利息を下げる3つの方法!無駄に銀行にお金を送るのは... »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ローンの支払い利息を下げる3つの方法!無駄に銀行にお金を送るのは... | トップページ | ローンの支払い利息を下げる3つの方法!無駄に銀行にお金を送るのは... »